新生銀行と融資契約調印

-鹿児島県隼人町メガソーラー事業向けプロジェクトファイナンス-

各 位

         会社名  X-Elio Japan株式会社

代表者名 代表取締役安岡 克己

 

X-Elio10合同会社、新生銀行と融資契約調印

 

          -    鹿児島県隼人町におけるメガソーラー事業向けのプロジェクトファイナンス契約 -

 

X-Elio Energy S.L.以下、エクセリオ)が出資するX-Elio10 合同会社は、鹿児島県霧島市隼人町に建設する大規模太陽光発電(メガソーラー)事業を対象に、株式会社新生銀行をアレンジャーとするプロジェクトファイナンスに係る融資関連契約を平成28622日に締結いたしました。このプロジェクトファイナンスは、発電所建設などにかかる費用のうち総額約64億円の融資を受けるものです。

 

本事業では、エクセリオの日本法人であるX-Elio Japan(以下、エクセリオ・ジャパン)が事業開発の主体となり、鹿児島県隼人町の約43ヘクタールの用地を開発して約16.7メガワットの発電容量を持つメガソーラーを建設し、平成301月からの運転開始を目指します。

 

エクセリオグループとしては、日本に本店を置く銀行から初めて融資を受ける案件となります。今後更に日本における再生可能エネルギーを普及、促進する新たな第一歩となりました。

 

エクセリオは、スペイン・マドリッドに本社を置き、太陽光発電事業を世界各国で展開しています。前身はスペインの再生可能エネルギー開発会社、Gestamp Renewablesの主力子会社であるGestamp Asetym Solar S.L.であり、20162月に投資会社、Kohlberg Kravis Roberts & Co. L.P.が株式の80%を取得し、現在の社名に変更しました。9か国で12カ所のメガソーラーの開発実績を持ち、日本では3件目の太陽光発電事業となります。

 

当社は今後もグローバルな実績を活かし、2020年までに約 500MW の商業運転開始を見込んでいます。

 

■プロジェクトの概要

事業名称

鹿児島県霧島市隼人町メガソーラー事業

発電所名

メガソーラーパーク 霧島隼人発電所

発電容量

16.7メガワット

事業主体

X-Elio10合同会社

スポンサー

X-Elio Energy S.L. (エクセリオ)

事業開発主体

X-Elio Japan株式会社(エクセリオ・ジャパン)

商業運転開始

平成301月の予定

※発電した電力は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づき、九州電力に売電します

 

■融資概要

借入人

X-Elio10合同会社

契約金額

総額 約64億円

契約締結日

平成28622

貸付人

株式会社新生銀行、三菱UFJリース株式会社

 

本件に関するお問い合わせ

X-Elio Japan 株式会社  担当 勝山

TEL 03-6264-3830  FAX 03-6264-3824  *ご連絡は、平日朝 9 時~午後 5 時でお願いします。

http://www.x-elio.co.jp/

 

 

■参考

X-Elio Japan株式会社の概要>

名称  X-Elio Japan株式会社 (エクセリオ・ジャパン)

                (旧社名:Gestamp Asetym Solar Japan株式会社

代表者  代表取締役 安岡克己

事業  太陽光発電事業の開発

設立  平成24822

所在地  東京都中央区銀座4丁目14-11 七十七銀座ビル8階

 

X-Elio Energy S.L.の概要>

名称  X-Elio Energy S.L. (エクセリオ)

代表者  CEO Jorge Barredo

所在地  Calle Ombú 3, 2nd floor, 28045 Madrid, Spain

 

 

以 上

 

メガソーラーパーク霧島隼人太陽光発電所(建設中)