日本・スペイン文化交流コンサートを開催(岩手県洋野町)

中学生約600名がフラメンコを通してスペイン文化に触れる

 2016年5月26日洋野太陽光発電所の開所式と同日に、「文化交流コンサート&町民芸術劇場中学生公演 ~スペインの熱い風~フラメンコの新星徳永兄弟と仲間たち」が開催されました。

このコンサートは発電所の開発計画に際し、洋野町と地域振興などを目的とした協定を締結していることから、スペインと洋野町との文化交流を目的に洋野町と共催する運びとなりました。

 

 出演者には百年に一度の才能と評されるフラメンコギターの徳永兄弟をはじめ、パーカッションに容昌さん、カンテ、パルマに大渕博光さん、踊り手に小夜音さんを迎え、音、リズム、踊りで会場の地元中学生約600名を魅了しました。フラメンコギターだけの繊細な曲からパーカッション、手拍子なども加わったリズミカルな曲、フラメンコの力強いダンス、フラメンコギターでディズニーの名曲をアレンジしたメドレーなどで会場を沸かせます。

 

 またこのコンサートでは太陽光発電クイズを行い、学生を太陽光博士に任命したり、スペイン文化を少しでも体感してもらえるよう「スペイン語を使ってみよう」「リズムのワークショップ」「学生からの質問」など参加型のコーナーを設けました。「Buenas Tardes! 」と全員であいさつの練習をしたり、アンコールのかけ声もスペイン語の「Otra! Otra!」と言ってみるなど、会場は大きな声、手拍子、笑顔にあふれました。

 

 コンサート内ではX-Elio Japanの本社X-Elio Energy Japan S.L.のCEO Jorge Barredoが洋野町ふるさと特別大使に任命され、任命式も同時に行われました。このコンサートをきっかけとしてスペインの文化理解が少しでも深まり、スペインと洋野町の親交の第一歩となることを願うと共に、今後も継続的に発電所開発地の地元の方々との交流を深めます。