会社案内

「お問い合わせ」ページにて会社案内のダウンロードが可能です。

日本における大規模太陽光発電所開発を加速するX-ELIO

X-ELIO(エクセリオ)は大規模太陽光発電所の建設と運営を行っています。太陽光発電所の用地買収、許認可取得、ファイナンス、建設、O&Mの全プロセスを取りまとめる垂直統合方式により成功を収めてきました。これまでは、スペイン最大の企業グループ、ゲスタンプ・グループの一員としてエンジニアリングに強みを持つゲスタンプ・ソーラーとして実績を残してきました。2016年からはその強みを残したまま、世界有数の投資会社であるBrookfield、KKRの投資を得て、日本での開発をさらに進めていきます。

 


Our Company

X-ELIO本社(スペイン)

X-Elio Energy(エクセリオ エナジー)は、スペインを本社とする太陽光発電所の開発事業者です。

世界で大規模な太陽光発電施設の事業開発・建設・運転を行っており、 2005年以来2.5GW(ギガワット)以上の太陽光発電所を開発してきました。 

現在も世界10か国(スペイン・日本・アメリカ・メキシコ・オーストラリア・イタリア・チリ・南アメリカ・クウェート)にオフィスを構えて、さらに 5GW 以上のプロジェクトが進行中です。

株主は、カナダの投資ファンド:Brookfield(ブルックフィールド)とアメリカの投資ファンド:KKRで50%ずつ所有しています。

Brookfield : 運用資産 約54兆円(2019年12月時点)   KKR: 運用資産 約20兆円(2019年9月時点)



X-ELIO Japan 株式会社

日本法人は2012年に設立され、それ以降

現在400MWのFITを確保しており、600MWまで開発を予定しています。

当面の建設目標として、500MWの商業運転を目指しています。



X-Elio Asia

X-ELIO Japan㈱は、アジア本社としての機能を持ち、中国や東南アジアでのプロジェクト開発を進めています。

長期的には、日本以外のアジア各国で400MWの建設を検討しています。